業者の草刈り作業はバリエーションが豊富~機械から手作業まで~

草刈り作業の種類と組み合わせ

草刈り作業の種類

草刈りには、刈り倒し作業や刈草残骸撤去作業、粉砕機を使った作業などの種類があります。最もポピュラーなのは、草刈り機を使用する刈り倒し作業です。その刈り取った草を、撤去して綺麗にする作業が、刈草骸撤去作業です。粉砕機による草刈り作業は、刈り取った草を粉々にすることができるので、残骸を残さずすぐ土に戻ります。さまざまな種類があるので、目的に合った方法で草刈りしてもらうことができます。

作業の方法

草刈と言っても作業の種類は1つではありません。それぞれの種類と作業内容を確認しておきましょう。

草刈り機
スピーディーに終わらせたいときは、草刈り機を使って除草します。傷をつけてはいけない部分は、ハサミやナイロンの紐などで刈ります。
根切り
長い草を除毛するときは、手で根ごと引き抜きます。そして、地面を2センチほど削った後に、枯らすために葉と根を切り離します。
スチーム除草
10センチ以上の長さがある草を手で引き抜き、10センチより低い草は、スチームをかけて枯らす方法です。

組み合わせ

  • 草刈り機だけで草刈り
  • 手で除草した後、根切りをして集草
  • 手で除草した後、集草してスチーム

このように草刈り作業は目的に応じて、組み合わせを変えるのが理想的です。草刈りが必要な場所の状況などを確認したうえで最適な組み合わせの作業スタイルを見つけましょう。

除草剤は使いたくない~勝手に薬を撒くことはない?~

除草剤を使用する際は、その土地や役割に合わせた物を選びます。草刈りをする土地の周辺でお米や野菜などの作物を作るなどの場合は、除草剤を使用して良いかどうか判断することから始まります。現地調査をして、除草剤を巻く必要があるかどうか、周辺への影響はどうか、などを確認します。除草剤を使いたくないと希望すれば、その希望に合った方法で作業を行なっていきます。そのため、勝手に除草剤を巻くということはありません。防草シートや除草シートを使用することで、除草剤を使用せずに予防ができます。このような除草剤を使用しない作業にも対応してくれるので、相談してみると良いでしょう。

TOPボタン